ベビーシッターの仕事について

ベビーシッターとはその名の通り契約している家庭の子どもを預かって一緒に遊んだり、生活をサポートする職種です。

日本では今現在民間資格としてはいくつかのシッター関連のものが存在しますが、政府や国が指定しているような特定の資格はないので子育て経験や子どもが好きという気持ちがあればベビーシッターと名乗り働くことは誰にでも可能です。



誰でもできるとはいっても、実際には子どもの命を責任をもって預かる仕事なので、保育士や幼稚園教諭の資格保持者や、ベテランの子育て経験者、もしくはシッターの育成派遣会社での研修を受けた人材が多く活躍していますし、保護者からの信頼も高いです。

近年では待機児童問題などで保育園を利用できない世帯も多く存在する上に、保育施設を利用するまでもないけれど一時的に子どもを預かってほしいといったニーズも増えていることから、ベビーシッターのニーズも高まっています。



担当する子どもの年齢や人数は契約内容や各家庭の依頼内容によって多種多様であり、託児の時間も日中から夜間までさまざまです。

仕事場としてはシッターの自宅、依頼者家族のお宅、もしくは所定の託児エリアなどがあげられます。時には食事の用意や学校や習い事の送り迎えも業務に含まれることもあります。
ベビーシッターとして働くにはシッターの派遣会社や地域の保育ママのシステムに登録することが望ましいです。



シッター先のエリア指定や勤務時間の指定などもこちらから設定することができ、条件に見合った家庭の依頼をマッチングしてくれるために働きやすい環境で無理なく仕事をすることが可能です。