プリザーブドフラワーの特徴とは

最近、花を扱う多くの店舗で販売されるようになったプリザーブドフラワーは多くの人から注目されています。

しかし、実際には生花とどのような所が違うのかという事や、どのような特徴があるのかという事を知らない人も多いです。

プリザーブドフラワーは、生花を特殊な方法で加工したものです。

花びらなどに特殊な加工が施されている為、生花とは違い長い時間枯れる事なく綺麗な色を保つ事が可能です。

その他に、水を与えなくても枯れる事は無いという違いもあります。

プリザーブドフラワーに関する情報収集をサポートします。

仕事などでなかなか花に水を与える時間がない人でも気軽に購入して飾る事ができ、長い時間枯れる事が無いのでお祝いの品として贈られる事も増えてきています。

プリザーブドフラワーの特徴は、様々な色の花を作る事ができるという事です。


生花では見かけないような青色や緑色の花を作る事ができるので、より華やかな花束を作る事が可能です。



花びらを着色しているのではなく、茎から色素を吸い上げて花びらを染めているので、鮮やかな色を長期間保つ事ができるというメリットがあります。

その他には、アレルギーを引きを越してしまう花粉や花独特のきつい臭いが無いという特徴があります。

生花の場合は花粉や臭いでアレルギー反応を起こしてしまい、家に飾る事ができないという人もいますが、プリザーブドフラワーであれば花粉や臭いが無いのでアレルギーを持った人でも家に飾る事ができ、贈り物としても非常に喜ばれます。

4meeeの最新情報を掲載しました。

生花との違いや特徴を理解して、よりプリザーブドフラワーを楽しみましょう。