母の日ギフトにプリザーブドフラワーがおすすめ

毎年5月の母の日は、カーネーションを贈るのが定番になりつつありますが、そこでプリザーブドフラワーを贈るのはいかがでしょうか。プリザーブドフラワーの別名は枯れない花と呼ばれていて、薬液につけて脱色などを行い加工し、乾燥させたものです。

プリザーブドフラワーに関する詳細はこちらです。

保存状態が良ければ長い間そのままで飾っておくことも出来ますし、水をあげたりする手間がなく花を楽しむことも可能です。
生花の鮮度をそのまま保った、みずみずしい花の状態で保存しておくことが出来るのがプリザーブドフラワーの魅力であり、最大の利点でもあります。

iemoの情報をあなたにご紹介いたします。

花粉が落ちる心配もないことから、アレルギーの心配も必要ありませんし、お見舞い用の花として贈っても喜ばれます。

ウエディングブーケとしても使用出来、ブーケをもらった人は次に結婚出来るというジンクスを信じて、飾っておくことも出来ます。



特に母の日では様々な形のプリザーブドフラワーが販売されていて、ギフトに最適な花でもあります。加工に手間がかかるためやや値段が高いのがネックですが、生花を何度も購入することを考えれば、ずっと経済的です。

造花やドライフラワーなどと組み合わせることで、ブーケやリースなども作成出来、生花にも劣らない綺麗さを保つことも可能です。

もちろんカーネーションに限らずバラなど、母の日に最適な花が沢山あり、インターネットなどで購入することも出来ます。


何を贈ろうか悩んだら、プリザーブドフラワーを贈ってみるという選択肢を考えてみることをおすすめします。